社員インタビュー

陳 啓皇

JERRY CHEN

PERSONAL DATA

台湾事務所 営業部
2014年入社

Q.1

テクダイヤ社に入社する決め手となったことはどんなところですか?

テクダイヤで受けた社長の最終面接が決め手となりました。台湾の日系企業では、面接のときに社長が直々に面接をされることは少ないため、最終面接が社長だったことは驚きでした。面接ではいろいろな話しをしましたが、社長の人間的な魅力に惹かれ、考え方に賛同し、このような人の下で働きたいという気持ちが強く芽生えたのです。そして面接が終わる頃には社長の虜になり、入社を決意しました。

Q.2

現在の仕事内容について教えて下さい。

テクダイヤ台湾の営業を担当しています。主な仕事は、顧客訪問、見積作成、サンプル申請・提出、そして新規顧客開拓などの営業活動を行っています。

Q.3

仕事のやりがいや魅力、
楽しさはどんなところにありますか?

いろいろな場所へ訪問し、情報収集を行い、市場と競合の動向に注意しながら一つの目標を達成するために仲間と連携を取り、協力し合って進んでいけることです。

Q.4

仕事上で苦労したこと、つらかったことはどんなところですか?

営業としての経験が浅いために、お客様へ製品の説明を上手に出来なかったときです。一日も早くお客様から指名が掛かるほどの営業になれるように、日々営業としての経験を積み、知識向上に努めています。

Q.5

テクダイヤの魅力はどんなところですか?
テクダイヤはどんな会社ですか?

テクダイヤの魅力と言えば、社風・会社の仲間・仕事の環境という重要な3つのバランスが整っていることです。 日系企業でありながら、米系企業のような雰囲気が感じられます。皆が年齢・職位の上下間を問わずにお互い協力し合い、会社の利益向上のために情熱をもって目標に取り組める環境があります。他の企業ではなかなか聞き入れられない新人の意見にも耳を傾け、その意見や提案が通ることも多々あります。仕事にも遊びにも一生懸命。そんな精神や文化がある会社です。

Q.6

これから挑戦したいことは何ですか?

マーケティング知識や営業スキルの向上。幅広い人脈をつくり、人間的にも一回りも二回りも成長し、会社だけでなく、お客様にとっても大きな存在になることです。

Q.7

テクダイヤで仕事をする上でどんな能力が求められると思いますか?

伝達力、野心、知識欲、探索欲、不撓不屈の闘魂。

Q.8

これから入社を希望する方に何かアドバイスはありますか?

自身の成長のために、知らないことや困ったときに一人で抱え込まず、素直に人に相談し、聞ける人でいてください。入社後は仲間がたくさんいますから遠慮しないで聞いてください。

Q.9

どんな人と一緒に働きたいですか?

楽観的で前向き、そして素直な人。ONとOFFの切り替えが上手で、OFFのときには周りを和ませる笑顔と会話を楽しんでいても、ONのときにはすごく真面目で集中力のある人。

一日の仕事の流れ

8:30

出社

メールの確認

9:30

営業用資料 文書の作成

10:30

朝礼・会議 double user

12:00

昼食

13:00

顧客訪問

17:00

案件の進捗報告と業務まとめ

18:00

退社

ページトップへ