社員インタビュー

林 敬和

KEIWA HAYASHI

PERSONAL DATA

テクダイヤ 日本 技術部
2009年入社

Q.1

テクダイヤ社に入社する決め手となったことはどんなところですか?

新しいフィールドで自身の可能性を探りたいと考えていたところに、テクダイヤと出会いました。これまで携わってきたセラミックス分野と同じであったこともあり、自身の経験やスキルを活かせると思い入社しましたが、製品がユニークであったことも入社の決め手となりました。

Q.2

現在の仕事内容について教えて下さい。

新たなセラミックス回路基板の製作、および新しい技術の導入と製作プロセスの技術開発を行っています。金の薄膜による電気回路をセラミックスの板に作りこむことや、極小の部品を作製しています。

Q.3

仕事のやりがいや魅力、
楽しさはどんなところにありますか?

新しいプロセスの導入や開発をメインに行っているので、毎日新しい発見があり失敗もあり七転八倒しながらも生みの苦しみを味わっています。そこを乗り越えて製品ができたときに一番のやりがいを感じています。

Q.4

仕事上で苦労したこと、
つらかったことはどんなところですか?

提案やアイディアがなかなか思い通りに成らないことで苦労はしていますが、技術開発や研究を選んだ時点でそれは分かっていたことですから、辛いという気持ちはあまり感じていません。強いて言えば、出張の際の長距離移動でしょうか(笑。辛かったのはそれくらいかもしれません。

Q.5

テクダイヤの魅力はどんなところですか?
テクダイヤはどんな会社ですか?

風通しが良く、フランクな雰囲気が良いところです。部門間の壁がなく、誰とでも気兼ねなく話せることで、その道のプロと情報交換や情報共有が出来るところは大きな利点です。こういう会社はけっこう珍しいと思います。

Q.6

これから挑戦したいことは何ですか?

新しい技術の導入、立上げでしょうか。ひたすら技術開発に邁進することが目的ですから。

Q.7

テクダイヤで仕事をする上でどんな能力が求められると思いますか?

特にテクダイヤでは、自ら動くことが必要です。発信力や積極性を発揮し、当事者になることが求められています。自動自発ですね。真面目であることは重要ですが、硬直するような頑固さではなく、柔軟に対応出来る能力が必要です。

Q.8

これから入社を希望する方に何かアドバイスはありますか?

何か信じるもの、譲れないものを持って欲しいです。自分という個性をテクダイヤは迎えてくれますよ。

Q.9

どんな人と一緒に働きたいですか?

他人と自分を尊重できる人。

一日の仕事の流れ

8:45

出社

スケジュール確認

9:00

朝礼

9:15

装置立上げ・準備

10:00

サンプル試作

12:00

昼食

13:00

図面作成

15:00

サンプル試作

19:00

データまとめ

20:00

装置立下げ・スケジュール確認

20:30

退社

ページトップへ