テクダイヤ株式会社

液晶パネル製造向けルビーノズルを開発、塗布品質向上へ

ディスペンサーノズルによる液晶パネルの「接着」

液晶パネルは、小型化や薄型化に加えて防水や強度など、より高い性能が求められています。ネジを用いた従来の組立工程は、接着材による組立へと変化しつつあります。そこで欠かせないのがディスペンサーノズルを用いた、狭所に接着剤を求められる量だけ正確に塗布する技術です。

ニーズ

導入前の実態・課題

正確で安定的な塗布を実現するために、ディスペンサーノズルの改善が必要

ソリューション

課題の解決策

先端にルビーを用いたディスペンサーノズルを開発し、正確で安定的な塗布を実現

ポイント

導入決定の理由

独自の先端ラップ加工を施すことで、塗布精度を大幅改善

リザルト

状況と効果

正確で安定的な塗布により、液晶パネルの高精細化や薄型化に貢献

ニーズ導入前の実態・課題

正確で安定的な塗布の実現

液晶パネルの接着は、接着剤の塗布精度の良し悪しがタッチパネル性能に直結するため、重要な役割を担います。接着剤を塗布する際のノズル先端への這い上がりや、ノズル内での材料の詰まりなど、さまざまな改善と工夫が必要でした。

ソリューション課題の解決策

ディスペンサーノズルの先端にルビーを用いたノズルを開発

そこでテクダイヤは、先端にルビーを用いたディスペンサーノズルを開発。通常のディスペンサーノズルの先端はステンレス材ですが、摩耗の少ないルビーを使用することで内部流動性を高めることに成功。また材料の詰まりや液だれといった症状を抑制し、正確で安定的な塗布を実現しました。ルビーの靭性により、ガラス基板との接触で起きる先端摩耗も軽減し、タクトタイム短縮にもつながりました。

ポイント導入決定の理由

独自の先端ラップ加工

先端にルビーの採用に加え、テクダイヤ製ディスペンサーノズルの特長でもある「先端ラップ」を採用しました。ノズル先端部のフラット面を研磨するもので、材料との表面張力を抑制し、這い上がりや液溜まりによる塗布のバラツキを大幅軽減します。本製品はカスタム製作に対応し、先端内径*もお客様の用途に合わせて選択できることも導入の決め手となりました。*0.05mm~φ0.50mm

リザルト状況と効果

正確で安定的な塗布により、液晶パネルの高精細化や薄型化に貢献しています。現在お使いのディスペンサーノズルに課題を抱える方、より精度の高い塗布を追求される方、ぜひご相談下さい。ディスペンサーノズルの専門家として、お客様の用途に合わせた最適なディスペンサーノズルをご提案いたします。

クライアント情報

【クライアント業種】液晶パネルメーカー(台湾)
【事業内容】液晶パネル製造

Design in Japan, Made in Japan / Philippines.​
© Tecdia Co.,Ltd.

今すぐお問い合せ

03-5765-5400

貴社名・お名前

電話番号

Email

お問い合せ内容