テクダイヤ株式会社

3Dプリンター用0.1mmノズルの開発

3Dプリンターの普及

3Dプリンティングは、3次元の電子データから直接的に材料を積層して造形できるため、付加製造 (Additive Manufacturing=AM)と呼ばれています。刃物で材料を削って3次元物体をつくる除去加工と対比した技術です。パソコンと3Dプリンターさえあれば複雑な形状も造形が可能になるので、ものづくりの現場においての普及はもちろん、一般消費者でも手が届く価格の3Dプリンターが多数販売されるようになりました。学校の授業に3Dプリンティングの実習が組み込まれるなど、3Dプリンティングはますます身近なものになってきています。

ニーズ

導入前の実態・課題

熱溶解積層方式の3Dプリンティングで、よりクオリティの高い造形物を

ソリューション

課題の解決策

0.1mmでも詰まりにくい、常識を覆す3Dプリンティング用ノズルの開発

ポイント

導入決定の理由

ノズルメーカーと3Dプリンターメーカーの共同研究により、開発が実現

リザルト

状況と効果

久宝金属製作所の「Qholia」の標準搭載ノズルとして、テクダイヤ製0.1mmノズル、0.15mmノズルをラインナップに追加予定

ニーズ導入前の実態・課題

3Dプリンターで微細な造形を

オリジナルのフィギュア、オブジェ、スマホカバー、おもちゃの製作だけでなく、家具の一部が壊れた際の補修パーツやドローンのパーツを製作するなど、幅広いものづくりを目的とした3Dプリンターは、FDMと称される「熱溶解積層方式(フィラメント溶融型)」と、SLAと称される「光造形方式」が一般的です。熱溶解積層方式は、光造形方式よりも表面の滑らかさや精度の部分で劣るとされていますが、溶けて塗布された樹脂はすぐに冷えて固まるため、火傷をする危険性が少なく、扱いやすいのが特徴です。さらに樹脂素材は比較的安価で入手しやすいとされています。熱溶解積層方式の3Dプリンティング用ノズルの先端穴経は0.4mmが標準ですが、穴径は小さくなるほど精巧な造形が可能です。しかし、同時にノズルが詰まりやすくなるという課題もありました。よりクオリティの高い造形物製作のため、詰まりにくい小径ノズルが求められていました。

ソリューション課題の解決策

0.1mmでも詰まりにくい、常識を覆す3Dプリンティング用ノズルの開発

そこでテクダイヤは、3Dプリンティングに最適な先端穴径0.1mmの3Dプリンティング用ノズルを開発。その結果、熱溶解積層方式のデメリットとされていた積層面の目立ちが減り、滑らかな表面の造形に成功し、光造形方式にぐっと近づく精度を実現しました。
小径でも詰まりにくいテクダイヤ製ノズルの特長として、中心ズレのない真円度の高い小径穴あけや、内部に段差のないテーパー形状が挙げられます。またテクダイヤのノズルはミクロン単位の厳しい品質検査基準が設けられており、実際に高精度な接着材塗布を用途とした、スマホや水晶デバイスメーカーにも使用されています。


ポイント導入決定の理由

3Dプリンターメーカーとの共同研究

今回のノズルは、国産3Dプリンターメーカーである株式会社久宝金属製作所との共同研究により開発が実現しました。私たちテクダイヤは、ディスペンサーノズルの専門家として絶対の自信がありますが、3Dプリンターは未知の分野です。ノズルメーカーと3Dプリンターメーカーの匠が、世界に誇れるお互いの技術力やノウハウを合致させることで、ニーズに対するソリューション提供に繋がりました。

リザルト状況と効果

久宝金属製作所の「Qholia」の標準搭載ノズルとして、テクダイヤ製0.1mmノズル、0.15mmノズルをラインナップに追加いただく予定です。また、現在テクダイヤでは3Dプリンティング用ノズルの一般販売は行っていませんが、順次一般販売を開始する予定です。

クライアント情報

Design in Japan, Made in Japan / Philippines.​
© Tecdia Co.,Ltd.

今すぐお問い合せ

03-5765-5400

貴社名・お名前

電話番号

Email

お問い合せ内容